PS4FF15速報

FF15の攻略やPS4の最新情報などをまとめています。

ニーアの2Bちゃんとの無知ックス!wwwwwwwwwwwwwww
ニーアの2Bちゃんとの無知ックス!wwwwwwwwwwwwwww
【FF7R】ティファ以上のボインキャラこいつか!wwwwwwwwwwwwwwwww
【FF7R】ティファ以上のボインキャラこいつか!wwwwwwwwwwwwwwwww
FF15のシドニーとかいうキャラのカチカチボイン!wwwwwwwwwwwwww
FF15のシドニーとかいうキャラのカチカチボイン!wwwwwwwwwwwwww

drgrrh

1: 2017/06/30(金)11:53:11
ダクソ1はDL版がないのでデモンズかブラボのどっちかに
しようと思うんだがこのシリーズ好きな人に助言をこいたい
ブラボはアクション性強くしたダクソとは聞いてるが
ダクソでほとんどパリィ使ったことないプレイだとキツイのかな

引用元: ・2ch.sc

続きを読む

httyjkuyj

1: 2017/07/04(火) 00:23:58.32
ハンター以下のゲームばっかやしな

引用元: ・2ch.sc

続きを読む

httyjkuyj

1: 2017/07/03(月) 20:55:44.70
http://wccftech.com/japan-studio-starting-several-new-titles/


ソニージャパンスタジオは過去2年ほど絶好調な成果を上げてきた。
ブラッドボーン、グラビディデイズリマスター及びグラビディデイズ2、
人喰いの大鷲トリコにTomorrow Childrenを開発ないし共同開発し
現在みんなのゴルフとKnack2の発売を予定している。


そして彼らは、この勢いをこれからも持続させたいらしい。
SIE執行役員のアラン・ベッカー氏によると
ジャパンスタジオは幾つかの新作を開発中のようだからだ。


「ジャパンスタジオには多くの才能あふれる開発者がいる。
 いくらかの要因が重なったこともありPS2とPS3の時代には
 技術的な遅れをとったが、PS4に置いてはそんな問題は発生していない。
 技術的な問題はすでに解消されている。

 それは私があまり多くのことを述べずとも
 グラビディデイズ2と人喰いの大鷲トリコを見れば明らかだろう。
 この2作は彼らの大きな成果だ。
 そして私から最後に一つ付け加えるならば、彼らは今新たな事業に取り組んでいるよ」


「我々は間もなくKnack2の制作を終えるだろう。
 それはつまり新たな開発に入れるという事でもある。
 そして勿論、私達は新たな作品について考えを巡らしている最中だ」

引用元: ・2ch.sc

続きを読む

続きを読む

dgergrehrhr

1: 2017/07/03(月) 15:28:13.63
5年前に買ってたけど数分やってなにがおもろいねんって飽きたけど
よゐこのマイクラ見てからだと楽しすぎぃ

引用元: ・2ch.sc

続きを読む

hfjkrhthhh

1: 2017/07/03(月) 18:49:50.48
https://www.youtube.com/watch?v=BuBAc68OlzM



張り詰めた緊張感
重みのある一撃

全てがダクソを上回ってるわ

引用元: ・2ch.sc

続きを読む

ghththj

1: 2017/05/06(土) 04:02:45.28

引用元: ・2ch.sc

続きを読む

zeruda

1: 2017/07/02(日) 11:54:44.90
ちなみに130時間プレイ済み

悪いところ
・雑魚敵と戦う理由がない
今までは敵全滅で扉が開いたり仕掛けに影響していたが
敵を倒す理由が素材か武器を奪うことしかない
なので普通にガノンまでやる分には戦う必然性がない
マスターモード今やってるが敵からガン逃げする以外の選択肢はない
また敵の種類も少ない

・雨が嫌い
単純に画としても見づらいしメリットもない 
とくに崖登れないのは致命的 

・祠が簡単すぎ
今まであったようなこれだ!っていう謎解きがない
どれもアイテム使えば一発で終わる印象
またガーディアンと戦う使い回しが多い

・ダンジョンも微妙
トワプリや時オカ、神トラとくらべても
神獣のダンジョンは微妙だと思う
そこに控えてるボスも弱い

・世界の大半はコログ集めという作業
DLCであるコログのお面ないととてもコンプしたいとは思えないコログ


このゲームで面白いのって一部の祠の試練とミニゲームだけだと思う

引用元: ・2ch.sc

続きを読む

続きを読む

ghththj

146: 2017/04/21(金) 00:16:47.55
実写版ニーアオートマタ…

引用元: ・2ch.sc

続きを読む

このページのトップヘ